デザインやビジネスに役立つ情報をTaipei三宅デザインオフィスのスタッフが発信します。

デザインやビジネスに役立つ情報を
三宅デザインオフィスのスタッフが発信します。

台湾で日系企業の面接に合格する15の鉄則

台湾で日系企業の面接に合格する15の鉄則

1.台湾で日系企業の面接に合格する15の鉄則

台湾で何百人もの面接を行ってきた日本人の私が、台湾で日系企業へ面接に行く場合の注意点を15項目にまとめました。


1 面接は一人で行きましょう。
  (恋人や家族同伴は避ける)


2  約束の時間の約5分前に呼び鈴を押しましょう。
  (20分、30分、1時間前はダメ。面接官の仕事に影響する)


3  遅刻しそうな場合は電話で連絡しましょう。
  (メール連絡はダメ。面接官が気付かない場合がある)


4  清潔で派手過ぎない装いにしましょう。
  (胸の谷間が見える等肌の露出度の高い服、きつい匂いの香水類、
派手な化粧・アクセサリー、タトゥー等は避ける)、


5  会社に入る前にコート類は脱いでおきましょう。


6  携帯電話はマナーモードにしておきましょう。


7  ジューススタンド等の飲み物を手に持って行くのは止めましょう。


8  面接の初めと終わりに挨拶をしましょう。


9  着席してから足を組むのは止めましょう。


10 着席してから許可を得ずノートパソコンを開くのは止めましょう。


11 話している最中に舌打ちや、眉間に皺を寄せるのは止めましょう。


12 面接官の話を最後まで聞いて(遮らずに)質問に答えましょう。


13 面接中に以前の会社の批判をするのは避けましょう。


14 福利厚生の質問ばかりするのは避けましょう。


15 大きな声で明るくはきはきと話しましょう。


人間の内面はある程度表情に現れるものです。
心から自分の応募した会社に入りたいと思って、素直な気持ちで面接に臨んでください。適当な気持ちで面接に行くと、それが面接官に伝わってしまいます。
本当に好きな会社が見つかった場合は、上の15項目を参考にしてくださいね。
日本の会社は少し保守的なので、お役に立てると思います。
(尚、以上15項目はすべて私が台湾で経験したものです)


私たち三宅デザインは、日本と台湾で培った経験を元に、平面デザイン、ウェブデザインを通して、クライアントの悩みを解決しています。どうぞご相談ください。

>MIYAKE DESIGN OFFICE TOP

記事を書いた人

mamiko miyake

個人ブログ真実子の新・台北ウォッチング

Business Blog top >