NEWS

フィリピンの結婚式(2019/06/01)

 

今回フィリピンへ来たのは、私の英語の先生の婚礼に出席するためです。

しかも、主賓20人くらいの中の一人に選ばれて、教会のバージンロードを

男性と腕を組んで歩きました。

クリスチャンでもないのに、良いのかなと思ったのですが、

ぜひにと頼まれたので。

 

だいたい2時間遅れで、教会での結婚式が始まりました。

 

 

フィリピンの人はクリスチャンが多いので、教会が身近な存在なのですね。

私も以前、フィリピンで先生たちとミサに出たことがあります。

 

神父さまの言葉を、新論新婦が真剣に聞いています。

二人はにわか仕立ての宗教徒ではないので、

信仰とはこういうものなのだなと、改めて思いました。

(日本は便利ですよね。クリスチャンでなくても、

何回か神父さまのお話を聞くだけで、教会で式を挙げられますので)

 

式の後は、場所を郊外のレストランに移して披露宴です。

日本とは明らかに異なる、なんとも言えない派手さで驚きました。

 

事前にネットで見て知識はあったのですが、参加者がご祝儀を

ダンスをしている新郎新婦の衣装に針で止めていっているのを

実際に目にして、う〜ん、本当だったんだ、針が新婦の肌に刺さらないかと、

場違いなことを考えていました。

 

私のフィリピンの英語の先生は3人います。

あと2人の結婚式にも多分招待されると思うので、

先が楽しみです。

 

ランキング参加中 よかったらクリックしてね!

人気ブログランキング